布施温ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS テレビの新年の挨拶が変わった。羊部の漢字は188文字もあるぞ。

<<   作成日時 : 2015/01/02 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 テレビを見ていると新年の挨拶が去年までは「新年明けましておめでとうございます。」が主流だった。特に民放はそうだった。それを聞いて何か落ち着かなかった。「新年」と「明けまして」が重なっているからだ。今年はどうかと注意してみると「明けましておめでとうございます」が主流のようで、安心した。どこからか「新年明けまして…」はおかしいとでも指摘があったのだろうか。
 年賀状はいつでも簡単なものしか出さないが一応画像を入れることにしている。今年はどうしようか考えた末に、諸橋大漢和辞典の羊部漢字を全部載せることにした。といってもあの膨大な漢和辞典を持っているわけではない。私が持っているのは発行元の大修館『ひとめでわかる漢字の広さと深さ これが5万字」というポスター状のものだ。50,294文字全てが印刷されている。その内「羊部」漢字は188文字だ。1986年発行だから今では手に入らないかも知れない。「羊部」の漢字が縦に並んでいるので、年賀状に適当に切り貼りして年賀状に納めるようにした。
 しかし読めるのは「羊」、「美」、「群」、「義」くらいのものだ。他の漢字は見たとこもないし、読んだこともない。
画像

 ところでこの頃、日本を訪れる外国人客が激増している。外国人は日本では漢字と使っていることは知っている。また漢字に関心を持っている者もおおい。そこで先ほどの漢字のポスターが廃版になっていたら復刻して売り出せば結構売れるのではないだろうかと思う。外国人壁に絵を貼るのは好きだから、漢字ポスターも結構行けるのではないだろうか。あるいは布にプリントしたものでもいい。
 日本からのお土産に相応しくはないだろうか。あるいは我々はこんなにたくさんの文字を使っているのだと自慢してもいいが、これはすぐにばれそうではある。
 そんなことで儲けるつもりはないと言わないで大修館の方考えてみてはいかがですが。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
信念を込めたら、そうなっちゃうんです。

(糸川2号からの通りすがりでした)
sibablog
2015/01/03 11:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
テレビの新年の挨拶が変わった。羊部の漢字は188文字もあるぞ。 布施温ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる