布施温ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 森友、加計、日報。いずれも本質的でないことで政権批判しているように見えるが。

<<   作成日時 : 2017/08/04 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第3次安倍第3次改造内閣というややこしい名前の内閣が発足した。これで急落した支持率を回復でき、新しい施策を実行できるかが課題だ。
 前の内閣の支持率が急落した主な原因は、森友、加計、日報だろう。しかし私にはいずれも本質的でないことのように見える。
 森友学園では首相夫人への考慮が働いたかそして国有地の大幅値下げが問題とされた。特に100万円の振り込みがあったかなかったかが問題とされたようだが、森友側で出した振替用紙はそもそも証拠にはなりえないのに、マスコミは執拗に書き立てる。国有地の値引き額が妥当かどうかは不明だが、学校など公共性の高い施設には格安で提供することはよくあることだ。現に近くの公園は森友を上回る値引きで豊中市に渡されている。
 朝日など新聞各社の土地も国有地をかなりの安値で売却されている。それなのに8月1日の朝日には「国有地売却 疑惑の根幹」という見出しで森友問題を扱っている。自分たちは安く買っていることを忘れたのか。それとも若手の社員は自社の土地が安く提供されたことを知らない若手記者が書いたのか。いじれにしても厚顔無恥の見出しだ。森友問題は理事長の補助金詐欺の方が重大だ。
 加計学園にしても今までの経緯を見れば今治に決まるのは当然だろう。それなのに「お友達」ばかりを持ち出している。法に触れることが見つかれば話は別になるが、現状では単なる推測に過ぎない。単なる疑惑で犯人扱いする、法治国家ではあり得ないことをマスコミは作り上げたのだ。
 この2つは首相側の脇の甘さを突かれたとは言えるだろう。
 日報問題はよく分からない。そもそもこの日報は開示すべきものなのだろうか。日報は前線部隊が日々の活動を中央司令部に報告するもので国民に知らせるものではないという。自衛隊とアメリカ軍の合同演習の際にも日報は作成されているはずだが、そちらの方も開示請求があれば公開するのだろうか。自衛隊は軍隊ではないというのが日本政府の建て前だがアメリカ側は軍隊だ。いちいち公表したら軍の機密に触れることもあるのではないのか。現にアメリカ軍はこのようなことでは日本に協力できないと言っているそうだ。
 それに統合幕僚部では2月6日に黒塗りではあるが公表している。それと同じ文書が陸上自衛隊でも見つかった、ただそれだけなのだ。もっとも例によって報告があったのなかったの隠蔽があったのではが問題とされた。もっとはっきりとした説明をして国民を納得させて欲しい。
 しかしマスコミの力はあなどれない。単なる疑惑を犯罪めいたものにしてしまう。だがこんなことばかりしていたらいずれ国民からそっぽをむかれるだろう。報道機関は新聞、テレビばかりでなないのだ。報道のあるべき姿をしっかいと考え行動して欲しい。
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森友、加計、日報。いずれも本質的でないことで政権批判しているように見えるが。 布施温ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる