布施温ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月末日までのアメリカ対北朝鮮、どちらの勝ちか。判定は難しいな。

<<   作成日時 : 2017/05/02 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 緊張が高まっていた北朝鮮とアメリカ、4月末での米韓合同軍事演習が終了した今、どちらの勝ちだろうか。北朝鮮はアメリカが攻めてこなかったは我々の軍事力、とくに核とミサイルに怖じ気づいたと大いに宣伝していることだろう。アメリカはアメリカで中国の北朝鮮に対する締め付けがどれくらい本気か見ていて今は手を出さないだけだと言うだろう。
 さてどちらの勝ちか。北朝鮮は軍記念日にはパレードは行ったがミサイル発射も核の実験もしなかった。一応自制したのだろう。しかし月末にミサイルを発射したが、失敗したらしいということでrアメリカは何もしなかった。最近のミサイル発射は失敗が続いているが、それはアメリカのサイバー攻撃が原因だとかあるいは北がアメリカを刺激しないようにワザと失敗になるようにしたとか言われている、第三者には分かるはずにないのだが、少なくともICBMではなさそうでアメリカも見逃したようだ。
 まあ4月危機は去ったが、これからいつまた危機的状況に陥るかは不明だ。北朝鮮はアメリカにとどくICBMを今年中に完成させると言っている。そのためにはあと数回の実験は必要だろう。また核実験もいつでも行える態勢にあるようだからやりたくてウズウズしていることだろう。またいつまでもやらないということはあり得ないから近いうちにはやるだろう。どちらかを実施した場合アメリカは黙ってみているだけで済むだろうか。
 もし北のミサイルが日本海を遊弋しているアメリカの艦船、あるいは日本や韓国の漁船にでも当たったら、あるいは日本の領海近くに落下したら、それは立派な交戦理由になるから戦端が開かれるかも知れない。そうなれば米韓と北の戦争になるし、日本も巻き込まれる。それは誰も望まないシナリオだがそれを想定しておく必要もあるだろう。
 北が今のままで態勢で突き進んでゆくならいずれ破滅的ことになるだろう。しかし一度持った核やミサイル手放した国はどこにもないから、緊張は長い間続くことになるだろう。
 北朝鮮はもちろん、アメリカも韓国も難しい選択を迫られそうだ。
 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月末日までのアメリカ対北朝鮮、どちらの勝ちか。判定は難しいな。 布施温ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる